石丸 康平

圧延工場 製造課精整係
2012年入社/笠岡工業高校 電子機械科卒

製品の良し悪しを瞬時で判断。
手順を飛ばさず、細部にこだわっていきたい。

テーブルに束で流れてくる製品について、寸法が合っているかどうかはもちろんのこと、キズや曲がりがないか、その良し悪しを瞬時で判断するのが精整の腕の見せ所です。チェックポイントがいくつかあって、光の加減が違うとか、一本、二本、違う色のものがあるとか、それを見逃さないことが大事です。慣れれば誰でもできるようになりますが、慣れた仕事ほど雑にならないように、細部までとことんこだわっていきたいです。

pict01