杉原 博志

熱錬工場 製造第三課第五工場
2013年入社/福山大学経済学部 経済学科卒

圧延とは全く違う未知の世界で
一からやっていくことにやりがいを感じました。

圧延から移動したのが3年前。熱処理は未知の世界だったものの、普段使っている製品に自分たちが熱処理した製品が使われていることを知り、世の中に役立っていることを誇りに感じて仕事をしています。鉄は熱処理をして冷却する時にどうしても歪むのですが、上司に教わりながら歪みを直していって、それが1ミリ以内に押さえられた時は気持ちがいいです。今後は熱処理技能士の1級を取得し、知識をつけてさらに頑張りたいです。

pict01